作曲の極意

オクターブの跳躍


 
 

ファルセットで意外性を演出する




跳躍という意味では、オクターブ上に跳ぶ演出も聴き手にハッとさせる効果があります。


ド→高いド  ですね。
 


サビで裏声(ファルセット)でオクターブ上に跳躍させる。


それを前提に作曲することで、サビの「ヤマ」をあらかじめ決めてしまうことが出来ます。
 

作曲を逆算の発想で出来るようになれば、メロディーの全体像をたやすく構築することが出来るようになります。
 
 
 
あとは、メロディーが下の音程に「着地」するような場合、その着地点をオクターブ上に持って行けないか考えたりします。
 
 
 
うまくいけば、カッコいい感じに決まるでしょう。ダサイ感じに聞こえる場合は、却下でしょう。
 
 
このカッコいい「感じ」の「感じ」こそ、作曲者それぞれのセンスということになります。
 
 
フィーリングと言うと何だか適当な言葉に聞こえますが、人間の脳は蓄積されたあらゆる情報を一瞬で統合して「~な感じ」という感覚を導き出すそうです。
 
それがまさに人それぞれの「センス」なんですよね。だから人それぞれ、まったく違う音楽を生み出せるわけです。
 
 


オクターブの跳躍は、ここぞという時に使えるワザですね。

作曲
について

作曲の基礎

 

  

作曲の方法

 

作曲
テクニック

 
 
 

 
作曲依頼

編曲依頼

代表コラム

ゲーム音楽考察